目立て方法

チェーンをどのように目立てすればよいか?

常に、目立てをする前にあなたのチェーンを検査してください。

チェックポイント

 ドライブリンクが曲がっていないか、またドライブリンクが磨耗・破損していないか?

 カッターあるいはタイストラップが破損・磨耗していないか?

 緩いリベットがないか、リベットのヘッドが破損、磨耗していないか?

故障した部分がある場合は、部品交換のために販売店に持っていくか、あるいはチェーンを丸ごと交換してください。

1.

必ず適切なヤスリや目立て機を使用してください。

2.

常に上刃(トップ プレート)よりヤスリの直径の1/5(20%)が高くなるよう保ってください。ヤスリホルダーを使用するとこの位置にヤスリを保つことが容易にできます。

3.

ヤスリホルダーの目印線とチェーンを平行に置いて、上刃(トップ プレート)のヤスリ角度を正しく守ってください。

4.

最初にチェーンの片側を目立てしてください。各カッターの内側から外側へヤスリをかけてください。そして、チェンソーの位置を反対側へ180度向きを変え、もう一方のカッターを目立てしてください。

5.

上刃(トップ プレート)または横刃(サイド プレート)のクローム表面が破損している場合は、その破損部分がなくなるまで目立てをしてください。

6.

それぞれのカッターは同じ長さを保ってください。

注)

ローキックバック対応のバンパータイストラップとバンパードライブリンクに目立てをしたり、変更をしたりしないでください。