バイブレーション

バイブレーション

ソーチェーンの振動に関する最新の動き

残念なことですがオレゴンの技術をもってしても、チェンソーと振動は切り離せない関係にあります。 チェンソーを使用するということは、そのまま、ある程度の振動にさらされるという現実。 オレゴンはチェンソーを長時間使用するプロの立場で、この振動をいかに制御するかを重要な テーマとして追求し続けてきました。バイブバンチェーンは、こうした切断のメカニズムの解析を はじめとするさまざまな研究成果の1つとして実現しました。振動が引き起こすと考えられるリスクを大幅に減少させるメカニズムです。

バイブバン(Vibe-BanTM

ソーチェーンの振動が発生する仕組み

個々のカッターの角が木材を咬む(材に衝突する)際に、ほぼ同時に3つのことが起こります。

1. カッターが木材とバーのレールの間にとらえられて (挟まって)瞬間的に停止し、非常に激しい一時エネルギーを放出します。
2. このエネルギーの一部がカッターのヒールとこれに向かい合うタイストラップを通じて、バーとチェンソーに伝導され、最終的に作業者の手に伝わります。
3. もうひとつの振動エネルギーはショック波となり、チェーンを通じてドライブ スプロケットとパワーヘッドに伝わりますが、これも作業者の手に伝わります。
振動を見分ける方法

この20年間、チェンソー・メーカーはチェンソーのエンジン振動からユーザーの 手指を絶縁するための技術開発に努め、顕著な改善を達成しています。 しかし、振動に関する大きな問題の1つに、振動の違いを「感じ取る」ことは通常の場合不可能であるということがあります。違いを見分けるには、最新のノウハウと テスト・システムを駆使しなければなりません。
オレゴンは20年以上も前から、実用最先端技術によるシステムを導入して 振動を測定し続けています。この間、チェーンの設計とテスト装置テクノロジーも 着実に進歩してきましたが、ここにきて振動測定の努力が大きな成果として実を結びました。それがオレゴン・バイブバンチェーンです。このチェーンは、 振動レベルを25%あるいはそれ以上も減少させます。