MENU

MENU

チェンソーのオイルとは? 役割やオイル交換の方法について

チェンソーのオイルとは? 役割やオイル交換の方法について

エンジン式のチェンソーを使う上で必要なものが「オイル」類です。
チェンソーの能力を最大限に発揮し、維持する上で、オイルは大変重要で欠かすことができません。
ここでは、チェンソーに使われるオイルについて解説します。

チェンソーの「オイル」には2つの種類がある

チェンソーに関係する「オイル」には、エンジンオイルとチェーンオイルの2種類があります。

エンジンオイルとチェーンオイルは、その内容や使う目的が全く異なりますので、違いをしっかり理解しておきましょう。

チェンソーのエンジンオイルとは

エンジンオイルは燃料であるガソリンと混ぜて混合燃料となり、チェンソーの動力源となるオイルです。
エンジンオイルには、チェンソーのエンジンの内部を潤滑させる役割があります。

2サイクル用と4サイクル用の違い

一般にエンジンの形式には2サイクルと4サイクルがあり、使用するエンジンオイルも、それぞれ2サイクル用と4サイクル用があります。

自動車などに使われている4サイクルエンジンは、オイルをエンジン内に貯めて循環させるため、燃料であるガソリンと混ざることはありません。

一方で、チェンソーに使われるエンジンは2サイクルエンジンです。
2サイクルエンジンは、構造上、オイルをエンジン内に貯めることはせず、ガソリンと一緒にエンジン内を循環させ、最終的に燃焼します。そのため、4サイクル用よりも燃焼しやすいオイルが使われています。
2サイクル用のエンジンには、2サイクル用のエンジンオイルしか使えません。
また、同じ2サイクル用のオイルでも、ガソリンとの混合比は50:1や25:1など、オイルによって指定されています。正しい混合比で混合された混合燃料を使うことが重要です。

エンジンオイルにはグレードがあり、グレードが高いほど、潤滑性が高まり、低排ガスになるなど、性能が上がります。
高性能でハイパワーのチェンソーには、なるべくグレードの高いエンジンオイルを使うことをお勧めします。

長期間使用しない場合エンジンオイルは抜く

チェンソー内に残ったガソリンやオイルは、長期間使わずに放置すると劣化します。
劣化した混合燃料をそのまま使用すると、エンジン内部を傷める原因にもなります。
長期間チェンソーを使用しない場合は、燃料を全て抜いて保管しましょう。

チェンソーのチェーンオイルとは

チェンソーにとってもうひとつ絶対に欠かせないオイルであるチェーンオイルについて、解説します。

チェーンオイルとは

チェーンオイルは、チェンソーの刃であるソーチェーンの回転をスムーズにしてその性能を最大限発揮させるためのオイルです。
また、回転の摩擦によるソーチェーンの摩耗や発熱を抑え、ソーチェーンやガイドバーの焼き付きを防ぐ役割もあります。

チェーンオイルの種類

チェーンオイルには、使われる成分の違いによって、主に植物性、鉱物性、生分解性の3種類があります。

1.植物性チェーンオイル

植物由来の原料を主成分にしたオイルで、オイルの飛散による土壌への汚染を軽減し、環境に優しいとされています。
一方で、オイルの粘度が低く、チェンソーからのオイル吐出料を多めに設定する必要があり、オイル消費は多くなる傾向があります。
また、ソーチェーンなどに付着したオイルは固まってしまう為、使用後の入念な清掃も必要です。
このような使い勝手の悪さがある上に、価格がやや高いため、国内ではあまり浸透していません。

2.鉱物性チェーンオイル

鉱物由来の原料を主成分に、潤滑効果を高める様々な添加剤を加えたオイルです。

粘度が高いため耐久性が高く、ソーチェーンやガイドバーにしっかりオイルを付着させながら飛散量も抑えるなど、使い勝手が良いのが特徴です。
また、価格も手頃で、現在最も普及しているタイプのチェーンオイルです。
一方で、飛散したオイルが衣服に付くとなかなか落ちないのと、土壌に飛散した場合の環境への悪影響も懸念されます。

海外では、鉱物性オイルの使用を規制して、植物性オイルを推奨している国もあります。

3.生分分解性チェーンオイル

別名、バイオチェーンオイルとも呼ばれ、飛散したオイルが微生物の作用によって分解されることが特徴です。

天然の植物由来の原料を主成分にしているため、環境に優しい上に、特殊な添加剤によって、植物性チェーンオイルの難点である、粘度の低さも改善されています。

価格は高めですが、鉱物性オイルの使い勝手の良さと、植物性オイルの環境性を兼ね備えた、性能面で優れたオイルです。

オレゴンではチェンソーの性能を最大限に発揮するチェーンオイルを取り揃えています。詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.oregonchain.jp/products/chainoil.php

チェンソーのエンジンオイル、チェーンオイルについてお悩みの際は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

関連記事はこちら

切れたソーチェーンのつなぎ方! ソーチェーンの修理方法を解説

切れたソーチェーンのつなぎ方! ソーチェーンの修理方法を解説

チェンソーのかなめでもあるソーチェーン。とても頑丈に作られているため、正しい方法でチェンソーを使用する限り、ソーチェーンが切れることはめったにありません。しかし...

詳細はこちら >

チェンソーの掃除や刃部分のメンテナンス方法を解説

チェンソーの掃除や刃部分のメンテナンス方法を解説

チェンソーの手入れは、掃除に始まり、掃除に終わるといっても過言ではありません。使っているうちに付着する様々な汚れによって、チェンソー本来の性能を発揮できなくなる...

詳細はこちら >

チェンソーの刃(ソーチェーン)の張り具合について解説

チェンソーの刃(ソーチェーン)の張り具合について解説

チェンソーの刃(ソーチェーン)が適切な張り具合であることは、効率的で安全な作業のためにとても重要です。ここでは、ソーチェーンが緩むとなぜ危険なのか、また、張り具...

詳細はこちら >

チェンソーが故障したときの修理方法とは? 問題が起こりやすい場所と原因

チェンソーが故障したときの修理方法とは? 問題が起こりやすい場所と原因

チェンソーは使っているうちに各部の故障・劣化などが起こり、本来の性能を発揮出来なくなることがあります。チェンソー本来の性能を長持ちさせるためには、定期的なメンテ...

詳細はこちら >

チェンソーが切れない! チェンソーの刃が切れない原因と対策

チェンソーが切れない! チェンソーの刃が切れない原因と対策

チェンソーは使い続けるうちに、切れ味が落ちてきます。チェンソーの切れ味が良くないまま使うと、作業効率が落ちるばかりか、危険性も増しますので、改善しなければなりま...

詳細はこちら >

チェンソーの刃の交換方法とは? 交換時期や替刃の選び方も解説

チェンソーの刃の交換方法とは? 交換時期や替刃の選び方も解説

チェンソーの刃(ソーチェーン)を替えるタイミングは、大きく分けて2つあります。1つ目は、使用する内にチェーンに摩耗や変形が起こり、目立てなどのメンテナンスも限界...

詳細はこちら >

チェンソーの構造はどうなってる? 刃や各部の名前について解説

チェンソーの構造はどうなってる? 刃や各部の名前について解説

チェンソーの構造や特性を知って、適切に使用し必要に応じてメンテナンスをしていくと、チェンソーのパフォーマンスを最大に発揮しつつ、安全に使うことができます。ここで...

詳細はこちら >

チェンソーの刃の研ぎ方(目立て)について解説します

チェンソーの刃の研ぎ方(目立て)について解説します

チェンソーのパフォーマンスを最大に高めつつ、安全に使用するためには、チェンソーの刃を正しく研ぐことが大変重要です。ここではチェンソーの刃の研ぎ方(目立て方法)や...

詳細はこちら >

チェンソーのデプスゲージの目立てを平ヤスリで行う方法

チェンソーのデプスゲージの目立てを平ヤスリで行う方法

チェンソーの性能を十分発揮し、安全に使用するためには、ソーチェーンの刃の研磨(目立て)が正しく行われていなければなりません。また、カッターの目立てが進むと、それ...

詳細はこちら >

チェンソーのガイドバー修理方法! チェーンが外れたときはどうする?

チェンソーのガイドバー修理方法! チェーンが外れたときはどうする?

チェンソーの作業中に多いトラブルの1つに、ソーチェーンが外れてしまうことがあります。ソーチェーンが外れると思わぬケガにつながりますので、外れないようにメンテナン...

詳細はこちら >